SKK 聖書研究会は、統一協会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。この WEB サイトはリンク・フリーです。

クリスチャンの方へ
naka

私たちは「聖書研究会」という名前のキリスト教会です。
プロテスタントの中でも聖書の言葉を重視する「福音派」に属し、戦前のキリスト教指導者であった中田重治師(1870-1939 写真右)が導いた旧ホーリネス運動の流れをくんでいます。
この流れに属する教団としては、日本ホーリネス教団、ウェスレアン・ホーリネス教団、キリスト兄弟団、キリスト聖協団などがあります。

muraoka

私たちの集会は1948年に村岡太三郎師(1901-1991 写真左)らによって「大野キリスト教会」として設立されました。
1951年に宗教法人として登記。名古屋、滋賀県、京都、大阪、神戸などに会員が増えたため、1962年に本部を京都に移転し、名称を「聖書研究会」と改称しました。
1991年に村岡師が死去した後、1998年には「聖書に学ぶ会」の活動を開始し、他教派のクリスチャンと共に聖書を学ぶ活動を行っています。

詳しい沿革については聖書研究会のホームページをご参照ください。



イスラエルへの祈り
1321

 

当会は、イスラエルのために祈ることをビジョンとしています。現代イスラエル国家を政治的に支持することではなく、ユダヤ人が福音を信じること(ユダヤ人の救い)を重視し、そのために祈り、様々な活動を行っています。

イスラエルのメシアニック・ジュー(イエスを信じるユダヤ人)を支援する超教派ミニストリー 「シオンとの架け橋」も私たちの重要な活動の一つです。